段取りの大切さ

昨年9月から朝礼後に掃除を社内外16箇所に分けて全社員でやっている。掃除をすると10個の徳があり、「掃除十徳」を毎朝復唱している。掃除をやる為には、早め早めの先手管理からの段取りが必要であり、余裕を持った出社から始まり、前日からの協力業者への確認電話やお客様への事前連絡、前日の材料・商品確認が必要である。そうした事をすべて完了しないと掃除ができなくなる。もう一度、掃除をして10個の徳を得るには、どうしたら良いのかを検討する事が各自必要となる。時間の無駄の根源はそこにあると思う。