屋根裏の耐震補強


こんにちは、中村です。


予報通り雪が降っていますが、10時現在車の通りがある道路はまだ大丈夫そうですね。
私の家の駐車場はもううっすらと積もってました~

前回の雪が残っている場所や、階段などでは積雪がみられたのでお出かけのさいは充分に気を付けてください。

長靴など無い方は、靴の裏の体重が一番かかるところに絆創膏を二枚貼り太めの輪ゴムを巻くと滑り止めになるそうです!


本日は家の耐震工事を紹介したいと思います

建物の耐震性を高めるために必要な補強の一つが「柱・梁」です

今回の施工では木材と木材の繋ぎの強度を耐震金物で補強して行きます






c165909e18917a5a17921e00f567ef34
bde77d247d5c4211ecdede3bc6c13032

大地震では縦の木材が抜けてしまう危険があります
157aea7de7fbc5f12cfba41d7f34ecaf
柱と母屋を繋ぐかすがいが強度的に不安ですね
DSCF2133
金物で補強します
DSCF2111
DSCF2117-e1517539588147
基礎と柱、柱と梁など接合部を金物で補強しました!

「地震がきたらウチは大丈夫なのかな~」と一度は不安になった方いらっしゃると思います


質問ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ