ふれあい祭りの企画

4月のふれあい祭に向けて急ピッチに進めなくてはいけない。企画もさることながら、会場のレイアウトが非常に大事になってくる。レイアウトには企画の進めるについて、スペースやスタッフの割り当てのバランスが重要である。それを夜、宿直の時間を利用して、しかも3Dでサイズをしっかり想定して叩き台となるレイアウトを一晩で仕上げてくれた永田君ありがとう。打ち合わせ時間が短縮されます。