細切れ時間の活用

日頃業務や配達をフル回転でこなしている川島君!ご苦労様です。業務の数が多ければ多いほど細切れ時間は増えて行きます。ただその時間をうまくお客様の要望や先輩社員との協同作業をやりくりしている。頼りにされる事はとても良いことです。すべてをプラス思考に置き換えられる川島君に脱帽します。来年入ってくる新人の良き先輩として期待してます。