寒い朝に・・・

みなさん、こんにちは。
今回のブログは工事課 関と
営業サポート 有賀が担当します。

冬将軍到来
毎日厳しい寒さが続いていますね。
お風邪などひかれていないでしょうか?
あたたかくしてお過ごしくださいね。

寒い朝、顔を洗おうとしたら、お湯が出ない
忙しい朝に突然のハプニング
寒い冬の夜間に、給湯器の内部給水、給湯の配管の中に残った水が凍ってしまっている場合があります。

今回は、給湯器の凍結予防と凍ってしまった場合の対処方法をご紹介します。
c92d9cd39e9f2356d50763245ad9565f



給湯器は、内部に水を通す細めの管があります。
この管に通る水を温めてお湯にして届けています。
蛇口を止めても、給湯器内部や給水、給湯の配管には水が残っていて、寒い冬の夜間に、給湯器の内部給水、給湯の配管の中に残った水が凍りついてしまいます。

また、水は凍結すると体積が増えます。
水道管や給湯器内部の配管が満水状態で残っている水の体積が増えると配管を破裂させる場合があります。

給湯器には凍結防止ヒーターや循環ポンプなどを備えていますので、
 長期間留守にする場合でも、必ず電源プラグをさしたままにしておきましょう。

給湯器から各蛇口へつながっている水道管の水が凍結してしまう場合があります。
 水道管に凍結防止テープを貼ったり、
 ボロ布や毛布などで濡れないように保温すると良いでしょう。
 水道管に電熱ヒーターを取り付ける方法もあります。



a891846fa1ac73724f6d5d2560825c68

●外気温が上がって、自然に内部の水が溶けるまで待つ。

●水道管をドライヤーで温め溶かします。
 バルブ(元栓)や、配管と本体の接続部分が凍りやすいです。

熱湯をかけると配管が金属疲労を起こし破裂する場合があります。

水道管が破裂してしまったら、水が溢れ出ます。
 水道の元栓を閉めて業者に連絡してください。
43d3f333702c079e20654b48ea79009e