スタッフブログ

みなさん、こんにちは。
今回のブログは工事課 関と
営業サポート 有賀が担当します。

冬将軍到来
毎日厳しい寒さが続いていますね。
お風邪などひかれていないでしょうか?
あたたかくしてお過ごしくださいね。

寒い朝、顔を洗おうとしたら、お湯が出ない
忙しい朝に突然のハプニング
寒い冬の夜間に、給湯器の内部給水、給湯の配管の中に残った水が凍ってしまっている場合があります。

今回は、給湯器の凍結予防と凍ってしまった場合の対処方法をご紹介します。
c92d9cd39e9f2356d50763245ad9565f



給湯器は、内部に水を通す細めの管があります。
この管に通る水を温めてお湯にして届けています。
蛇口を止めても、給湯器内部や給水、給湯の配管には水が残っていて、寒い冬の夜間に、給湯器の内部給水、給湯の配管の中に残った水が凍りついてしまいます。

また、水は凍結すると体積が増えます。
水道管や給湯器内部の配管が満水状態で残っている水の体積が増えると配管を破裂させる場合があります。

給湯器には凍結防止ヒーターや循環ポンプなどを備えていますので、
 長期間留守にする場合でも、必ず電源プラグをさしたままにしておきましょう。

給湯器から各蛇口へつながっている水道管の水が凍結してしまう場合があります。
 水道管に凍結防止テープを貼ったり、
 ボロ布や毛布などで濡れないように保温すると良いでしょう。
 水道管に電熱ヒーターを取り付ける方法もあります。



a891846fa1ac73724f6d5d2560825c68

●外気温が上がって、自然に内部の水が溶けるまで待つ。

●水道管をドライヤーで温め溶かします。
 バルブ(元栓)や、配管と本体の接続部分が凍りやすいです。

熱湯をかけると配管が金属疲労を起こし破裂する場合があります。

水道管が破裂してしまったら、水が溢れ出ます。
 水道の元栓を閉めて業者に連絡してください。
43d3f333702c079e20654b48ea79009e








みなさんこんにちは
総務課の安齋です。

みなさん年末年始、実家や旅行先でごちそうを食べたり、久しぶりに会う家族や友人とお酒を飲んだり、家でゴロゴロして過ごしていませんか?
よく「正月太り」なんて言葉耳にしますよね
私も、ついついおせち、お餅など食べてしまい体が重く感じてしまいます
この時期を乗り切るために、今回は正月太り解消法をご紹介いたします。


湯船に浸かることが大事!


冬は体が冷えるので血行が悪くなってしまいます
また血液は、筋肉が動くことで血管が刺激されるとスムーズに流れます。
お正月家でゴロゴロ過ごすことも血行不良を引き起こす原因です。
最近では、湯船に浸かることよりもシャワーで済ませてしまう人が増えてきましたが、シャワーだけだと体が芯から温まりません。
湯船に浸かることで血行が良くなり体の代謝が上がるので、まずは、湯船に毎日浸かって体を温めましょう。
入浴中のマッサージはさらに効果的
運動不足だと筋肉が凝り固まって血行不良になりやすいです。
お風呂に入りながらマッサージする事で体の筋肉がほぐれ、代謝アップも期待できます

食べ過ぎ飲みすぎはむくみの原因に

ストレッチ1
1.足の付け根を手のひらで上下にさする
ストレッチ加工2
2.指の第二関節で、足の指と指の間を上下する
ストレッチ加工3
3.同じく指の第二関節で、ふくらはぎを下から上に刺激する
ストレッチ加工4
4.太ももの内側を、ぞうきんを絞るようにねじる
ストレッチ加工5
5.腰の骨のあたりを手で押す
ストレッチ加工6
6.足のつま先から付け根に向かって両手の平で優しくさする


お正月の間もストレッチなどを少しでもやってみると正月太りの予防になるかもしれませんね♪


年末ご多忙と存じます。
皆様お体に気をつけて、良い新年をお迎えください。
2019年もお客様との絆を大事に、心あたたまる、おもてなしができますようスタッフ一丸となり、精進してまいります。
みなさんこんにちは!
武笠と上米良が今回担当致します。

今回のテーマは
「施工事例」
となっております

川合住宅設備のお仕事で何をやっている??
というところで、実際のお仕事の内容を
今回ブログとさせていただきます。


なんと川合住宅設備は・・・


アパートの外壁塗装もを行っております


外壁塗装-1



30年
塗装行った理由
築30年で外壁劣化、屋根劣化のため
プラン
観光地のため、街の雰囲気を壊さない
施工事例-2

これが施工途中の様子です!!

塗装中の塗料が飛び散らないように
しっかりと養生を行っています。

住宅密集地で行う際も必ず行うので
近隣の迷惑にならないので安心ですね



高圧洗浄
高圧洗浄でカビやコケなどを根こそぎ洗い落とします。
長年の汚れをゆっくり丁寧に洗い流し、下準備をすることが
塗装を長持ちさせる秘訣です。


手塗り3回以上
普通の塗装工事は3回塗りが基本です。
ただし傷んだ外壁、吸い込みの激しい外壁となると
4回塗りが必要となります。
それがのちのちの塗装不具合を防ぐことになります。


リフォーム損害賠償保険
リフォーム工事を実施した後に工事箇所に万が一、
欠陥が見つかった場合、その欠陥の補修工事にかかった費用は
保険から適応されます。



施工事例-3

実働で約2週間くらいです
※土日祝日を入れるともう少しかかります。


屋根に限らず、外壁も含めて雨漏りなどの自然災害時に
備えることが必要です。
どんなお家でもメンテナンスが必要です

またお家の周りはいろんな方が観る部分となるので、
美観を保つためにも外壁塗装を行うことが一番だと思います。


ちょっとしたヒビ割れも後に大変なことに繋がっていきます。
気になる部分がある方はお気軽にご連絡ください

資格を持った方がきちんと点検を行いますよ!!


みなさんこんにちは
今回のブログは、設備保安課の高木と総務課安齋が担当します。

みなさん12月に入って急激に寒くなりましたよね。
お風邪など体調崩されていませんか?
お体に十分に気を付けて下さいね。
さて、寒くなってきた冬の時期は空気が乾燥していて火事が発生しやすい季節ですよね
ガスコンロの危険事例をご紹介いたします。
みなさんはこんな使い方していませんか?

□コンロ使用中にコンロを離れることがよくある
□コンロのまわりにいろいろな物を置いている
□ゆったりとした服を着て調理したことがある
□グリルの中をあまり掃除しない

1つでも当てはまるかたは要注意です!!
今回はガスコンロについてご紹介いたします。

ガスコンロ1
ガスコンロの使い方、自分だけは大丈夫と思っていませんか?
ガスコンロを原因とした火災は減少傾向にありますが、住宅火災の出火原因としては依然としてもっと多く発生しています。
調査によると、ガスコンロ使用者の74.4%の方が、事故につながる恐れのある危ない使い方の経験がありました。

1.ガスコンロを使用中、その場を離れた人は?
火をつけたままその場を離れたことのある人は全体の54.4%と半数を超え、多くの人はつい大丈夫だろうと思い、コンロから離れていました。

◎事故防止のポイント
調理中はその場を離れない!
コンロの使用中は絶対にその場を絶対に離れないでください。
離れる場合は、必ず火を消すこと!
ガスコンロ2
2.ガスコンロの近くに燃えやすいものを置いたは?
ガスコンロ使用者の約2割は、ガスコンロと周囲の可燃物までの距離が、火災予防上安全な距離とされる離隔距離15cm(上方は100cm)をみたしていませんでした。
※消防関係法令では、火災予防上安全な距離として、ガスコンロから可燃物までの距離を15cm以上(上方は100cm以上)離すこと等が定められております。

◎事故防止ポイント
コンロまわりはいつもきれいに!
コンロの上や周囲に燃えやすいものを置かないでください。
ふきん、調理用油、プラスチック製の容器などをコンロまわりに置くと、着火して火災が発生し、重大な事故に繋がる恐れがあります。
3.着衣に着火した経験のある人は?
ガスコンロ使用中に、周囲の物や衣服に「着火した」または
「着火しそうになった(焦げた、溶けた)」危害経験のある人は20%を超え、中でも「着衣に着火」した経験のある人は4.2%いました。

◎事故防止のポイント
強火でガスを使用している時は、鍋の上部でも繊維などに火がつくことがあります。炎が見えなくても注意しましょう。
防災加工されたアームカバーやエプロン等を使用すれば、燃え広がるのを、防ぐことが出来ます。
グリルも使うたびにきれいに掃除をして、火事を未然に防ぐこともできます。
今の季節は、乾燥していて本当に危険です!
ガス器具を安全に使って、いい年を迎えましょう


pagetop